「世界一美しい猫たち」五十川満 写真展を見に六本木ミッドタウンに行ってきた

  • loop
  • Tips

先週の休日に五十川満さんの写真展「世界一美しい猫たち」を見に行ってきました。場所は六本木のミッドタウン、富士フィルムフォトサロンで開催されてました。

たまたま六本木の地下鉄の通路を歩いていたところ、写真展の広告を見かけたのがきっかけです。写真展に興味があった訳ではなく、ただ単に猫が大好きなので、どんな感じなのだろうかと思い、足を運んでみた。

会場内の猫たちの写真は撮影許可が出ており、なおかつSNSやブログ等での掲載もOKということなので、ここに何枚か貼っていきます。

鋭い瞳から美しさを感じる写真ですね。

こちら今回の展示会の広告に使われた写真。

猫が眠そうにしている姿って愛嬌があって可愛いですよね。

この猫は毛並みがパーマ掛かってる感じですが、人工的なのか、自然的なのか気になります。

こういった感じに部屋に写真を飾るのもオシャレですよね。

先ほどの2枚の写真を合わせて、1つの猫になるように、表現しているのでしょうか。表と裏の2面性を感じるような写真です。

いろんな猫の写真を見ましたが、猫の瞳って本当に美しい色をしています。

会場内には20代後半から60代くらいまでの男女のお客さんがいました。僕が行った時間は会社終わりの30代のOLさんが多かったです。また、六本木ということもあって外国人のお客さんもチラホラ見かけました。

この写真展は2017年3月3日から3月16日まで開催されています。このブログ記事が公開された時点で。すでにもう終わり時ですが、もしかしたら今後も開催されるかもしれないですね。ちなみに入場料は無料でした。

五十川満さんは「世界一美しい猫たち ラパーマ」という写真集も出しているので、猫好きの人は購入してみてはいかがでしょうか?

五十川満さんのHP

https://mitsuruphoto.tumblr.com