自分でもできるエアコン掃除のやり方。エアコン掃除はプロに任せるべき?

自分でもできるエアコン掃除のやり方。エアコン掃除はプロに任せるべき?

夏や冬に備えてエアコン掃除をしておくと、エアコンから出るカビ臭さや空気がきれいな状態になり、何より節電にも繋がります。

しかしエアコン掃除ってプロのエアコン掃除業者に任せた方が良いんじゃないかと迷っていませんか?

結論を言うと、プロのエアコン掃除業者に任せた方が良いです。

ただ、自分でもある程度きれいにすることは可能です。今回は自分でもできるエアコン掃除のやり方について紹介します。

準備するもの

自分でエアコン掃除をするために、準備する物をリストアップしました。

  • 布巾
  • 掃除機
  • 中性洗剤(食器洗い用洗剤)
  • 市販のエアコン洗浄スプレー(フィンを掃除するために使用)
  • 45L以上のゴミ袋(フィンを掃除した時に床を汚さないために使用)
  • セロハンテープ(ゴミ袋をエアコンに貼り付ける時に使用)

市販のエアコン洗浄スプレーはホームセンターなどで売っていることが多いですが、amazonや楽天でも購入できます。

1.電源プラグを抜いて、フロントパネルを外す

電源プラグを抜いて、フロントパネルを外す

まずはじめに、エアコンに接続してある電源プラグを抜きます。

電源プラグを挿したまま掃除すると、感電するリスクやエアコンを故障させてしまうリスクがあるので、必ず電源プラグを抜いた状態で掃除をしましょう。

次にエアコンの中に設置してあるフィルターを掃除するためにフロントパネルを取り外します。

フロントパネルを取り外します。

エアコンの機種にもよりますが、完全に取り外せるタイプと、エアコン上部にスライドさせるタイプがありますので、お使いの機種によって壊れないように取り外してください。

2.エアコンフィルターを掃除する

エアコンフィルターを掃除する

フロントパネルを取り外すことができたら、中にあるエアコンフィルターを取り外して掃除します。

フィルターのほこりを掃除機で取り除く

フィルターには、ほこりがたくさん付着していることが多いので、水で洗う前に掃除機などでほこりを取り除くことを強くおすすめします。

ほこりを取り除かないでそのまま水で洗浄すると、フィルターが乾いた時にほこりがダマになってフィルターに残ってしまうことがあるからです。

フィルターを水で洗う

フィルターのほこりを取り除くことができたら、お風呂場や水場に移動してフィルターを水で洗浄します。その時に中性洗剤(食器洗い用洗剤)や使い古しの歯ブラシなどを使って洗浄すると、汚れが一段と取れてより効果的です。

フィルターを洗い終えたら、風通しのよいベランダなどに干して乾かします。

3.市販の洗浄スプレーでフィンに向かって噴射する

市販の洗浄スプレーでフィンに向かって噴射する

市販の洗浄スプレーはエアコン内部のフィンに掃除するために使用します。その前にエアコンの送風口に45L以上のゴミ袋をセロハンテープなどで貼り付けます。

エアコンの洗浄スプレーを噴射すると、送風口から汚れた水がポタポタ落ちてくるので、ゴミ袋を設置することによって床が汚れることを防げます。

ゴミ袋を設置できたら洗浄スプレーをエアコン内部のフィンに向かって吹きかけます。この時の注意点として、絶対に電気系統部分には吹きかけないでください。故障の原因になる可能性があります。

洗浄スプレーは1本丸ごと使い切るまで噴射し続けてください。こうすることによってフィンに付着した汚れや匂いを取り除き、カビの発生を抑える効果があります。

洗浄スプレーを使い切ったら、10分以上放置します。

洗浄スプレーはホームセンターやドラッグストアなどで売っていますし、amazonや楽天市場でも販売されています。

4.エアコン全体やフロントパネルの汚れを拭く。

エアコン全体やフロントパネルの汚れを拭く。

フィンの洗浄が終わったらエアコン全体や取り外したフロントパネルを雑巾などを使ってほこりや汚れを拭きます。

前の工程でフィンの洗浄をしたばかりなので、送風口の内部もスプレーの水滴で汚れているので、きれいに拭き取ります。

5.エアコンフィルターとパネルを設置して送風で試運転

エアコンフィルターとパネルを設置して送風で試運転

洗ったフィルターが乾いて、エアコン本体の掃除も終わったら、外したフィルターとフロントパネルを元に戻します。

そして電源プラグを挿し直して、エアコンの電源をオンにして運転モードを「送風」にして試運転させます。

試運転させることによってエアコン内部を乾燥させ、カビの発生を防ぐことができます。

これで完了です。

まとめ:できればエアコン掃除はプロのエアコン掃除業者に任せた方が確実

これまで自分でできるエアコン掃除について説明してきましたが、エアコン掃除はプロの専門業者に任せた方が良いです。

矛盾しているようですが、プロに任せた方が自分でやるよりエアコンを故障させるリスクがないですし、何よりも格段にきれいになります。

ただ、もし自分で掃除するなら、エアコンのほこりを雑巾できれいに拭いたり、フィルターのほこりや汚れを洗うくらいにして、フィンなどのエアコン本体の掃除はプロに任せるなどにしたほうが良いでしょう。

暮らしカテゴリの最新記事