部屋の防音対策

主に騒音トラブルや部屋の防音対策に関する情報をまとめた記事一覧です。

隣の部屋や上下階の部屋からの生活音などによる騒音がうるさくて、壁ドンしたり、直接注意したい気持ちになったりする時もあると思います。しかし、実は壁ドンしたり直接注意したりすると逆に自分が不利な状況になる可能性を秘めていたりします。今回は隣や上下階の部屋がうるさくても、壁ドンしたり、直接注意してはいけない理由や正しい対応方法ついて説明します。

賃貸の薄い壁に防音壁を作る方法を紹介します。賃貸マンション・アパートで壁が薄く、隣の部屋の騒音(話し声や生活音やテレビの音など)を吸音材(ニードルフェルト)と遮音材(遮音シート)を使って防音対策(防音壁を作る)をします。防音効果を高めるためには吸音と遮音の両方を組み入れることによってより高い防音対策をすることができます。

賃貸マンション・アパートには通気口・吸気口がついています。通気口・吸気口カバーの隙間から漏れ出す、うるさい外の騒音を防音するために、通気口・吸気口カバーを自分で交換する方法を紹介します。さらに通気口・給気口カバーの中にフィルター(ウレタンスポンジ)を入れることによって、ホコリを遮り、きれいな空気を取り入れることができます。

賃貸マンション・アパートの騒音問題(隣の部屋の声やテレビの音や生活音など)を解決する方法について紹介します。騒音対策には遮音材や吸音材を使った防音、家具やカーテンなどを使った防音、隙間テープやジョイントマップを使った防音方法があります。最悪管理会社や大家さんに相談する方法もあるので、いろいろ防音対策をやってみましょう。