「Webデザイナー やめとけ」が検索候補に出てくる理由と実際の話

「Webデザイナーやめとけ」が検索候補に出てくる理由と実際の話

Webデザイナーに興味があってネットで情報を調べていると「Webデザイナー やめとけ」と検索候補に表示されているところを見かけます。

これはGoogle検索のサジェスト機能と呼ばれる機能で、ユーザーが興味のある話題や検索回数などをもとに表示される仕組みです。

つまりWebデザイナーで検索している人の中には、やめておいた方が良いのではないか?と悩んでいる人もいるということだと思います。

では実際のところ、Webデザイナーになるのはやめておいた方がいいのか?について、現役のWebデザイナーが実情を説明したいと思います。

結論:「Webデザイナー やめとけ」は嘘。「Webデザイナー やめとけ」と言われる理由

結論から先に言うと「Webデザイナー やめとけ」というのは嘘です。

「Webデザイナー やめとけ」というのは、私がWebデザイナーになる前の10年以上前からネットで言われていました。他にも「エンジニア やめとけ」や「IT土方」といったワードも検索候補や2ちゃんねる(現5ちゃんねる)でよく表示されていました。

昔は確かにそうだったかもしれませんが、今は全然そんなことないです。

昔はIT・Web業界が誕生したばかりだったこともあり、エンジニアやWebデザイナーなどの職務環境、待遇、チーム構成がしっかり整備されていなかったり、いろいろ模索段階の時代でした。

その結果、残業が多くて長時間労働が当たり前、帰れない、給料が低い、キャリアが構築しにくいなど、いわゆるブラック気質の高い職業だったことが「Webデザイナー やめとけ」と言われた原因です。

では実際のところ今はどうなのか?について現役のWebデザイナーが解説します。

「残業が多くて長時間労働が当たり前」「帰れない」は実際のところどうなのか?

昔は本当にそうでした。

私がWeb業界に入った2010年代初期の頃は大体みんな長時間労働しがちで、徹夜をしていた時期も結構ありました。家に帰れず会社で寝泊まりすることもありました。

特に受託制作や受託開発をしている企業はクライアントとの納期もあって、急な仕様変更があったら対応を迫られ(今でもたまにある)、納期直前はバグの解消なので、徹夜をしているエンジニアやデザイナーが多かったです。

またプロジェクトをマネジメントするノウハウやテクニックも、今と比べると隙があってガバガバなところが、作業者の長時間労働を助長していたと思います。

しかし現在では長時間労働は効率が悪いことが証明され、働き方改革という言葉が政府から発信されたこともあり、昔に比べて長時間労働が大分改善されています。

また技術やソフトウェアの進化もあって、昔は手間の掛かる作業が、今では簡単にできるようになったことも、長時間労働が改善された理由でもあります。

ですので現在は残業が多くて長時間労働ということは、ほとんどありません。(もちろん案件や企業にもよります。)

「給料が低い」は実際のところどうなのか?

これも昔は本当でした。

昔は長時間労働が当たり前だったこともあり、働いている時間に対して貰う給料は低くかったです。また企業によっては残業代が出ないところも多いです。

そして今よりエンジニアやデザイナーの需要も低い傾向だったので、需要と供給のバランスから給料水準は低かったです。

しかし現在はどこの企業もエンジニアが人手不足で、エンジニアの養成スクールなども次々と開校されるようになって、若干エンジニアバブル的な勢いがあります。

またWebデザイナーにおいても、UI(ユーザーインターフェース)・UX(ユーザーエクスペリエンス)、サービスデザイン等の重要性や関心が、日本でも年々高まっており、企業によってはCDO(最高デザイン責任者)なども設置されるようになる時代になりました。それに伴ってデザイナーの需要も高まっています。

WebデザイナーはWebサイトのデザインを作ることがメイン業務ですが、HTML・CSS・JavaScriptを使ってフロントエンドのコーディングができるWebデザイナーであれば、給料水準は高い傾向にあると思います。

「キャリアが構築しにくい」は実際のところどうなのか?

これはWebデザイナーという職業がまだ比較的新しい職業なので、ロールモデルがいないというのが、キャリアが構築しにくいと言われている理由です。

つまりWebデザイナーのお手本となるキャリアパスを歩んでいる人がまだまだ少ないということです。

一般家庭にインターネットが普及しはじめたのが、大体1990年代の後半から2000年代初期の頃だと思いますが、そこからまだ20年くらいしか経っていないので、Webデザイナーの職業が今後どういうキャリアの選択肢があるかが模索段階の過程であるからです。

よく言われているのが、デザインを極めたければデザインのエキスパートになったり、戦略立案がすきなら上流工程のWebディレクターになってゆくゆくはWebプロデューサーになったり、コードを書くのが好きだったら、フロントエンドエンジニアになって、エキスパートになったりとかが今見えているキャリアパスだと思います。

しかしWebデザイナーという職種はデザインを1つ作るにしろ、事業戦略、ユーザーの動向、デザインの流行、マーケティングなど、様々な要素を考慮しながら作る職業なので、どんな職業にも向いていると思います。

そう考えると結構選択肢があるのではないかと個人的には思っています。

まとめ:Webデザイナーになりたければ臆せず挑戦しよう。

以上「Webデザイナー やめとけ」と言われる理由について説明しました。

私はかれこれWebデザイナー歴8年以上経ちますが、やめたいと思ったことは1度もありません。むしろこれからの時代、どんどん需要や活躍できる場面が増えるのではないかと予想しているので、Webデザイナーになりたいなと思っている人は、どんどん挑戦してみると良いと思います。

Webカテゴリの最新記事